ゆいまろく

ゆいまるの記録

MENU

読書記録 | Audibleで「アリアドネの声」「サラバ! 上・中・下:(小学館)」「月夜のサラサーテ」「迷犬マジック 2」

2024年1月22日から2024年1月29日の期間においてAudibleで読んだ本のひとこと感想とネタバレを書いていく。ネタバレ部分は未読の方は面白みが半減するので読みませんように。

アリアドネの声(読了2024年1月22日)

著者: 井上 真偽
ナレーター: 上野 翔

www.audible.co.jp

ひとこと感想

Audibleのオススメに挙がっていたので読みはじめた。途中からラストが想像できたけど、私が好きなパターンだったので読書をしてよかった。安全とされる都市を建設したとしても地震という自然のエネルギーは想定していない事態を率いてやってくる。

ネタバレ

地震の起きた地下都市からヘレン・ケラーさんと同様の障がいを持つ女性を救出するストーリー。途中、暴露系ユーチューバーが登場し迷惑千万な言動を起こしたり障がいを持つ女性にとある疑問が湧いたりと、ちょぴり謎解きがあるような味付けをしている。ドローン操縦者の主人公はどのように彼女を救出するのか、知りたければ読むしかない。

サラバ! 上・中・下: (小学館)(読了2024年1月26日)

著者: 西 加奈子
ナレーター: 松坂 桃李

www.audible.co.jp

ひとこと感想

第152回 (2015年1月15)直木三十五賞ということでAudibleがオススメした作品を読んだ。Audibleでは上・中・下巻に分かれていて、長い作品だ。ナレーターは松坂桃李さんで彼の優しい声を長時間独り占めできる心地よさがある。松坂桃李さんは関東出身のようだが、彼の関西言葉を私は関西育ちではないので違和感なく聴いていた。関西ネイティブの人はどう評価するのか、ちょっとだけ興味がある。

ネタバレ

主人公が生まれた頃の家庭環境を自分史を語るように物語が展開してゆき、最後になぜそういう書き方となったのか腑に落ちるような構成になっている。

月夜のサラサーテ The cream of the notes 7: (講談社文庫)(読了2024年1月27日)

著者: 森 博嗣
ナレーター: 橋本 英樹

www.audible.co.jp

ひとこと感想

Audibleの聴き放題プランに上がってくるとアラートがくるように設定をしている。森博嗣さんの作品はもちろん設定済みだ。聴き放題プランになったのですぐに読んだ。読みやすく理解しやすい文章が心地いい。

迷犬マジック 2(読了2024年1月29日)

著者: 山本 甲士
ナレーター: ノムラ タツヤ, 青野 早恵

www.audible.co.jp

ひとこと感想

「迷犬マジック」の続編を読む。前作に引き続き、出会う人の生活や考え方をプラスに変えてくれる。迷い犬の「迷犬」どころか名犬なのである。

ネタバレ

いつもはふと何処かへ消えてしまうマジックが、とうとう終の住処を見つけたのかなと思わせるエンディングだ。もちろん続編も読むつもりだ。

 

 

書いた人: ゆいまる

旅人ライダーさんのアウトドア用品店「快速旅団」の事務担当です。ポッドキャストを2006年より配信しています。お手元のポッドキャストアプリで「yuimaru」で検索してください。

HP : https://kaisoku.shop/

X : https://twitter.com/yuimaru

ニュースレター:  https://yuiroku.substack.com/

Tip(投げ銭):  https://ofuse.me/yuimaru

ファンレターをお待ちしております。

OFUSEで応援を送る

Patreon : https://patreon.com/yuimaru

読書記録 | Audibleで「可燃物」「迷犬マジック」「JUMP j BOOKS SPY×FAMILY 家族の肖像」「黄色い家」

2024年1月15日から2024年1月21日の期間においてAudibleで読んだ本のひとこと感想とネタバレを書いていく。ネタバレ部分は未読の方は面白みが半減するので読みませんように。

可燃物(読了2024年1月15日)

著者: 米澤 穂信
ナレーター: 山内 健嗣

www.audible.co.jp

ひとこと感想

Audibleのおすすめに載っていたので読んだらハードボイルド刑事物だった。探偵ものが多い中、ガチガチの警察物が新鮮に思えていくるから興味深く読み進めた。警察組織のピラミッドも感じることが出来た。

ネタバレ

タイトルになっている「可燃物」の他に「崖の下」「ねむけ」「命の恩」「本物か」の五つの事件が一冊の書籍になっている。それぞれ実際に起こりそうな事件と感じさせるリアルな描写で、人気があるのも頷ける。

迷犬マジック(読了2024年1月17日)

著者: 山本 甲士
ナレーター: ノムラ タツヤ, 青野 早恵

www.audible.co.jp

ひとこと感想

「犬」が描かれる時、高確率で犬との辛い別れが描かれるから極力「犬」を題材にした作品を私は遠ざけるようにしている。あらすじをチェックしたところ、この作品はおそらく犬との辛い別れは描かれないだろうと踏んで読みはじめた。果たして私の勘は当たった。「迷犬マジック」のような作品なら安心して読める。

ネタバレ

迷い犬マジックは出会う人を次々と幸せにしてゆくハッピードッグとして描かれている。マジックと別れた人はマジックと過ごした間にマジックが使っていた犬用品を眺めて保護犬を迎えようとするのも共感が持てる。マジックは犬の妖精のような存在なのではないかと疑っている。シリーズを全て読むとその辺りも語られるだろうか。

JUMP j BOOKS SPY×FAMILY 家族の肖像(読了2024年1月17日)

著者: 遠藤 達哉, 矢島 綾
ナレーター: 島袋 美由利, 新井 良平

www.audible.co.jp

ひとこと感想

漫画原作本を読んだことはないが、アニメを観ているので、気になって読んだ。ナレーションはアニメ声優とは違う人だ。ストーリーもさることながら、どんなナレーションなのかも気になるところ。

ネタバレ

ストーリーはアニメとつながっているかのような世界で、おそらく原作者も愛読者も納得の仕上がりなのではないかと思われる。ナレーションがアニメの世界を壊すことなく、むしろリスペクトを感じる演技で楽しめた。

黄色い家(読了2024年1月21日)

著者: 川上 未映子
ナレーター: 大内 櫻子

www.audible.co.jp

ひとこと感想

Audibleのおすすめに上がっていたので読んだ。タイトルから外観が黄色い家が登場するのかと思っていたけど、違った。でも確かに黄色い家の話だ。一歩ズレれば主人公のような体験をするかもしれないと思うと怖くなる。

ネタバレ

風水や夢占いにのめり込み、周りが見えなくなってしまう様は主人公が経験の少ない若年者だからだろうか。自分だけでなんとか事態を収拾しようと立ち振る舞う様は話が進むうちに痛々しく感じてくる。ひるがえって、周りの大人よしっかりせい、と思う。

 

追記 Bluesky招待コードプレゼント

いつもブログ記事を読んでいただいているあなたへ何かプレゼント出来ないかなと考えて、ささやかですがBlueskyの招待コードを時々公開しています。早い者勝ちで恐縮ですが興味のある人は使ってください。そして、私をフォローしてくれたらとても嬉しいです。

私のアカウント↓

@kanjichoyuimaru.bsky.social on Bluesky

bsky.app

Bluesky招待コード↓

bsky-social-n3kwh-xhpco

(コピペして使ってください)

 

追記2024年2月7日

bsky.social

Blueskyのお知らせにある通り招待コード制を廃止して誰でもアカウントが作れるようになりました。Blueskyを気になっていた人はアカウントを作って楽しみましょう。

招待コードを利用してくださった方々、ありがとうございます。

 

 

書いた人: ゆいまる

旅人ライダーさんのアウトドア用品店「快速旅団」の事務担当です。ポッドキャストを2006年より配信しています。お手元のポッドキャストアプリで「yuimaru」で検索してください。

HP : https://kaisoku.shop/

X : https://twitter.com/yuimaru

ニュースレター:  https://yuiroku.substack.com/

Tip(投げ銭):  https://ofuse.me/yuimaru

ファンレターをお待ちしております。

OFUSEで応援を送る

Patreon : https://patreon.com/yuimaru

読書記録 | Audibleで「あなたの人生、片づけます 」「行きつ戻りつ死ぬまで思案中」「後悔病棟」「希望病棟」

2024年1月9日から2024年1月13日の期間においてAudibleで読んだ本のひとこと感想とネタバレを書いていく。ネタバレ部分は未読の方は面白みが半減するので読みませんように。

あなたの人生、片づけます (読了2024年1月9日 )

著者: 垣谷 美雨
ナレーター: 白妙 あゆみ

www.audible.co.jp

ひとこと感想

ひとり「垣谷美雨(かきや みう)先生祭り開催」といった風に突如はじまる垣谷美雨先生の著作を立て続けに5作読んだ。それもこれも「リセット」に続き「あなた人生、片づけます」がとても興味を引いたから。片付けのノウハウ本かと思いきや、コンマリ(近藤麻理恵さん)メソッドとはひと味もふた味も違うテイストの物語だ。読んだ後はあなたもきっと家の中を片づけたくなること請け合い。

ネタバレ

主人公は"片付け屋さん"大庭十萬里。彼女は「部屋を片づけられない人間は、心に問題がある」という考えの持ち主だ。片付け屋さんといいつつも、彼女自身が手を出して片づけるという訳ではなく、実際に片づけるのは物語の登場人物達だ。だらだらと腐れ縁的な不倫関係を続けるOL、妻に先立たれ独居になった男性、子どもや孫が寄り付かなくなった資産家の女性など、それぞれのケースが描かれていく。短編集的で区切りよく読みやすいので、隙間時間に聴くAudibleとの親和性が高い。

行きつ戻りつ死ぬまで思案中(読了2024年1月10日 )

著者: 垣谷 美雨
ナレーター: 柚木 尚子

www.audible.co.jp

ひとこと感想

興味を持った作家さんのエッセイを読みたくなる、私。作家さんのエッセイは作家さん自身の生活スタイルをのぞき見できるような、生活の匂いが感じられるような気がするので好きだ。垣谷 美雨さんは私よりもひと世代年長者なのでお姉さんのお話を聞いているような感じがして親近感が湧いた。

後悔病棟: (小学館)(読了2024年1月12日)

著者: 垣谷 美雨
ナレーター: 鈴夏 あや, 松本 章太郎

www.audible.co.jp

ひとこと感想

私は病院モノが好きだ、ということで読み始めた。不思議な聴診器を拾ってしまった医師、早坂ルミ子が主人公。早坂先生は患者さんや看護師さん、同僚医師から問題児扱いされていて悩んでいたが、不思議な聴診器の力を借りて患者さんと向き合い始める物語。

ネタバレ

聴診器を患者にあてると患者の心の声や考えている情景が主人公に聞こえたり見えたりするファンタジーな物語。余命のカウントダウンが始まっている末期ガン患者と看取らねばならない主人公医師の心の交流が描かれている。あの選択をしていなければどうなっただろうという「リセット」と似ているところがある。

希望病棟: (小学館)(読了2024年1月13日)

著者: 垣谷 美雨
ナレーター: 鈴夏 あや

www.audible.co.jp

ひとこと感想

病棟シリーズ第二弾を読んだ。「希望病棟」では主人公は黒田摩周湖医師へと交代する。不思議な聴診器を手にした摩周湖医師が余命の少ない末期ガン患者と交流を深めてゆく話は前作を踏襲している。彼女も医局の中で問題児扱いされている様子も前作と同じだ。問題児扱いされているといってもイジメやつまはじきされる訳ではなく、同僚たちは見守っている様子で嫌な気分にはならないので救われる。頑張れ摩周湖医師と応援したくなる。

ネタバレ

患者の心の声や情景が聞こえたり見えたりする不思議な聴診器はどうやら経験の浅い医師達の間をバトンのように巡っているアイテムだということがわかる。また巡ってきた「後悔病棟」の早坂ルミ子先生の次回作が気になる。

 

追記 Bluesky招待コードプレゼント

いつもブログ記事を読んでいただいているあなたへ何かプレゼント出来ないかなと考えて、ささやかですがBlueskyの招待コードを時々公開しています。早い者勝ちで恐縮ですが興味のある人は使ってください。そして、私をフォローしてくれたらとても嬉しいです。

私のアカウント↓

@kanjichoyuimaru.bsky.social on Bluesky

bsky.app

Bluesky招待コード↓

bsky-social-ldaoi-36exi

(コピペして使ってください)

追記2024年1月30日

配布終了しました

 

 

書いた人: ゆいまる

旅人ライダーさんのアウトドア用品店「快速旅団」の事務担当です。ポッドキャストを2006年より配信しています。お手元のポッドキャストアプリで「yuimaru」で検索してください。

HP : https://kaisoku.shop/

X : https://twitter.com/yuimaru

ニュースレター:  https://yuiroku.substack.com/

Tip(投げ銭):  https://ofuse.me/yuimaru

ファンレターをお待ちしております。

OFUSEで応援を送る

Patreon : https://patreon.com/yuimaru

読書記録 | Audibleで「有頂天家族」「バッタを倒しにアフリカへ」「マリ先生の健康教室 オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方」「リセット」

2024年1月2日から2024年1月8日の期間においてAudibleで読んだ本のひとこと感想とネタバレを書いていく。ネタバレ部分は未読の方は面白みが半減するので読みませんように。

2024年1月2日 有頂天家族

著者: 森見 登美彦
ナレーター: 岡本 寛志

www.audible.co.jp

ひとこと感想

私の好物、もふもふファンタジー。狸が主人公の物語でアニメーションもあるようだ。

uchoten-anime.com

2017年のアニメ作品で、現在配信で見られるのはdアニメストアのようだ。私は契約していないので観ることができない。プライムビデオで観られたらいいなあ。

ネタバレ

私の好きなキャラクターは金閣銀閣。抜っぷりが愛らしい。読むきっかけは友人から教えていただいたからだ。もふもふ体験をありがとう!

2024年1月4日 バッタを倒しにアフリカへ

著者: 前野 ウルド 浩太郎
ナレーター: 中川 典

www.audible.co.jp

ひとこと感想

前野ウルド浩太郎さんのエッセイで、彼のこれまでの経歴を知ることができる。前野ウルド浩太郎さんは昆虫学者で、主にバッタを研究している人だ。日本ではバッタの農作物被害は少ないが、アフリカでは深刻なのだとか。バッタを研究し続けるためにアフリカに単身飛び込んで来たあれやこれやのエピソードが興味深い。

ネタバレ

バッタの博士だからバッタのことが多く学べるのではと思ったけれど、そうではなくてアフリカでの生活や学者として大成するために様々な挑戦をする様子が描かれている。この作品を読むきっかけは、いつも登場する友人に勧められたからだ。私はエッセイが好きなのでホクホクと読んだ。紹介してくれてありがとう。

2024年1月7日 マリ先生の健康教室 オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方

著者: 常喜 眞理
ナレーター: 斉藤 範子

www.audible.co.jp

ひとこと感想

著者は家庭医で活躍する常喜眞理さん。女性の更年期世代に向けて書かれた実用書だ。たまには実用書が読んでみたくて読んだ。私世代はちょっと気になる話でこの先、年齢を重ねると何が起こるのか知っておきたい。

ネタバレ

頭に残ったのは、60歳代からは「キョウヨウ」が大事、という言葉だ。「キョウヨウ」とは「教養」ではなく、「今日、用事がある」の略語である。毎日何かしらの用事があることが生活にハリを与えてくれる、そんな考えだ。なかなか面白い表現だと感じた。

2024年1月8日 リセット

著者: 垣谷 美雨
ナレーター: 柚木 尚子

www.audible.co.jp

ひとこと感想

Audibleをなんとなく見ていたら気になったタイトルなので読み始めた。人生の先が見えて来た3人の女性が突然高校生に逆戻りするタイムスリップモノだ。自分の選ばなかった道を選んで人生をやり直して見たらというお話。

ネタバレ

ドラえもんの秘密道具、人生が2度あれば銃(そんなものがあったかどうかは定かではない)でビビビッと過去へ飛び、選択しなかった方を選んで悔いのない人生を、と思うのは誰でもあるのかもしれない。3人はそれぞれどんな違う人生を歩むのか、そしてタイムスリップ前に戻る選択をするのかどうか。ネタバレといいつつも、そこは読んでのお楽しみなのでここには書かない。

 

追記 Bluesky招待コードプレゼント

いつもブログ記事を読んでいただいているあなたへ何かプレゼント出来ないかなと考えて、ささやかですがBlueskyの招待コードを時々公開しています。早い者勝ちで恐縮ですが興味のある人は使ってください。そして、私をフォローしてくれたらとても嬉しいです。

私のアカウント↓

@kanjichoyuimaru.bsky.social on Bluesky

bsky.app

Bluesky招待コード↓

bsky-social-zptsi-ybbbe

(コピペして使ってください)

追記2024年2月5日

配布終了しました

 

 

 

書いた人: ゆいまる

旅人ライダーさんのアウトドア用品店「快速旅団」の事務担当です。ポッドキャストを2006年より配信しています。お手元のポッドキャストアプリで「yuimaru」で検索してください。

HP : https://kaisoku.shop/

X : https://twitter.com/yuimaru

ニュースレター:  https://yuiroku.substack.com/

Tip(投げ銭):  https://ofuse.me/yuimaru

ファンレターをお待ちしております。

OFUSEで応援を送る

Patreon : https://patreon.com/yuimaru

読書記録 | Audibleで「爆弾」「ちょんまげぷりん1」「ちょんまげぷりん2」

2023年12月29日から2023年12月30日の期間においてAudibleで読んだ本のひとこと感想とネタバレを書いていく。ネタバレ部分は未読の方は面白みが半減するので読みませんように。

2023年12月29日 爆弾

著者: 呉 勝浩
ナレーター: 星 祐樹, 品田 美穂

www.audible.co.jp

ひとこと感想

誰が犯人なのかを探るよりも、次にどこで爆弾が爆発するのか、仕掛けられている場所はどこなのかとハラハラドキドキしてしまう。ナレーターが男性と女性に分けられてるのは最初は慣れなかったが、聴き続けているとだんだんと理解できるようになった。スズキの声が喪黒福造のようにだんだんと感じられて不気味さがどんどんと私の中で増していった。

ネタバレ

中心人物のスズキがずっと語りっぱなしで犯人なのだろうと思いきや、真犯人が誰なのか、揺らぐ場面があったりもするのが面白い。刑事とスズキのやり取りは緊張しぱなし。やり取りのひとことひとことに注意深くなってしまう。爆発が阻止できたのかというとそうでもなくて、特にラストは不穏な終わり方だ。事件が解決したといっていいのかどうか、どうも後味がよろしくない。最後の最後まで不気味だ。

2023年12月29日 ちょんまげぷりん: (小学館)

著者: 荒木 源
ナレーター: 前田 弘喜

www.audible.co.jp

ひとこと感想

友人からの著作紹介をいただいたので読んだ。江戸時代から現代の巣鴨にタイムスリップしてしまった退屈旗本男が現代を舞台に波風を立てていくのもは痛快な面もあり、またギャプもあり楽しめた。豆乳プリンが食べたくなる。

ネタバレ

どこかで聞いたタイトルと思ったら、ドラマ化されていた。快速旅団団長(店主)が錦戸亮さんのファンで観ていた2010年のドラマだった。私は見るともなくみていたのだがとてもコミカルな作品だったと覚えている。動画を探したがが、著作権上クリアになっているものが見つからなかった。今回、原作が読めて良かったと思う。紹介を頂いた友人へ、ありがとうの気持ちを送りたい。

2023年12月30日 ちょんまげぷりん 2: (小学館)

著者: 荒木 源
ナレーター: 前田 弘喜

www.audible.co.jp

ひとこと感想

1巻が楽しかったので引き続き2巻も読んだ。今度は現代暮らすトモヤ君が成長したのちに江戸時代へとタイムスリップしてしまう。無気力少年が江戸時代で役者やったり牢獄へ行ったりと無気力ではいられない活躍ぶりに引き続き楽しい。

ネタバレ

なかなか会えない、安兵衛とトモヤ。二人がやっと会えたと思ったら恐ろしい牢獄の中だ。耳を塞ぎたくなるような拷問に耐えている安兵衛の描写は痛々しいを通り越している。拷問器具を見ただけてやってもいない罪を認めてしまうトモヤとの対比ははげしすぎる。後半は、現代に続く豆乳プリンを仲間と物資が限られてる中力を合わせて作っていく過程は楽しい。そして、トモヤが現代に戻っていくことでなぜタイムスリップから復帰できるのかちょっぴり甘い謎も解けていく。1巻だけでなく2巻も合わせて読んで欲しい。

 

 

書いた人: ゆいまる

旅人ライダーさんのアウトドア用品店「快速旅団」の事務担当です。ポッドキャストを2006年より配信しています。お手元のポッドキャストアプリで「yuimaru」で検索してください。

HP : https://kaisoku.shop/

X : https://twitter.com/yuimaru

ニュースレター:  https://yuiroku.substack.com/

Tip(投げ銭):  https://ofuse.me/yuimaru

ファンレターをお待ちしております。

OFUSEで応援を送る

Patreon : https://patreon.com/yuimaru

モグモグ食べたい!ブロッコリースプラウトの大量生産方法を探る

私のグリーングリーン熱は継続中である。グリーングリーン熱とは植物栽培に躍起になっていることを表している。ブロッコリースプラウト をもっと多く生産してパクパク食べたいのである。この記事は、スプラウト 関連記事第7回である。

第1回

kanjicho-yuimaru.hatenablog.com

第2回

kanjicho-yuimaru.hatenablog.com

第3回

kanjicho-yuimaru.hatenablog.com

第4回

kanjicho-yuimaru.hatenablog.com

第5回

kanjicho-yuimaru.hatenablog.com

第6回

kanjicho-yuimaru.hatenablog.com

小さくはじめて徐々に生産量をあげていく

料理用計量スプーン大さじ2杯スタート


経験もないのにタネを大量に使って廃棄することになったらもったいないので最初は大さじ1杯のタネを育て、ある程度のコツは掴んだ。それはすすいだ後の水はよく切る、である。さらにブロッコリースプラウト の工場動画を参考にする。

youtu.be

さすが工場だ。規模が違う。私はこんな巨大な設備はもちろん持っていない。私が持っているのは容量1リットルのイージースプラウト ただ1つだ。しかし、やっている手順は工場と変わりはない。工場の動画を見て参考になるところは参考にしよう。巨大な栽培容器を回転させてタネとタネが密着するのを防いでいるようだ。

大さじ1杯のタネから収穫ができたので、次は大さじ2杯のタネを育てる。

大さじ2杯のブロッコリースプラウト

タネとタネが粒状に重ならないように気を使った結果、筒の壁面にへばりつく感じにタネを整えた。この状態になるように水を切るように注意した。

湧きあがるブロッコリースプラウト

すすぎと鬼のような水切りをして7日目の朝、収穫をした。

収穫!

タネの殻をとるのもひと仕事だが、タネの殻はなるべく除きたい。なぜなら雑菌が発生する元になるようだ。上の画像はブロッコリースプラウト を水で洗浄して、サラダスピナーで水を切って、ホーローの保存容器におさめたところ。なかなかな収穫量だと思う。だが、まだイージースプラウト 栽培容器には余裕がある。あふれんばかりのスプラウト、という姿を見てみたい。どのくらいの量まで栽培できるのだろうか。

料理用大さじ3杯に挑戦

イージースプラウトを漂白剤につけて除菌し、今度は大さじ3杯で栽培してみる。タネを一晩ぬるま湯につけてから温水ですすぎ、水をよく切ったら下の画像のようになった。

 

大さじ3のブロッコリースプラウト のタネ

すすいだ後に水を鬼のように切って排水し工場の動画を参考に、タネとタネはなるべく重ならないようにイージースプラウト容器の内側壁も利用してばらけさせる。大さじ2杯の収穫量では我が食卓では2日で消費してしまう。やはりもっと大量生産したいところだ。

湧き上がる大さじ3杯

イージースプラウト容器の栽培量限界を、最大量を、探ってみようと思う。鮮度抜群の苦味のあるブロッコリースプラウトの味を知ってしまってから、もっとモグモグ食べてみたいのである。

大さじ3杯のブロッコリースプラウト収穫

大さじ3杯のタネから育てたブロッコリースプラウトは、栽培容器イージースプラウト号の7分目から8分目ほどにまで膨らんだ。これ以上はイージースプラウト号のキャパシティを超えてしまいそうだ。

イージースプラウト号はブロッコリーのタネ大さじ3杯までは対応できると結論した。そして栽培期間は大さじ2杯の時よりも一日短縮して6日で収穫ができた。これはタネが多いと成長する際に発する熱の量が多いからかもしれないと推測した。

今は冬、室温は低いから暖かくなってからの栽培では条件が変わると思う。なので暖かい季節にも栽培をしたいと思う。今から春が待ち遠しい。

 

 

追記 Bluesky招待コードプレゼント

いつもブログ記事を読んでいただいているあなたへ何かプレゼント出来ないかなと考えて、ささやかですがBlueskyの招待コードを時々公開しています。早い者勝ちで恐縮ですが興味のある人は使ってください。そして、私をフォローしてくれたらとても嬉しいです。

私のアカウント↓

@kanjichoyuimaru.bsky.social on Bluesky

Bluesky招待コード↓

bsky-social-mucvm-hpwqc

(コピペして使ってください)

追記2024年1月25日

配布終了しました

 

書いた人: ゆいまる

旅人ライダーさんのアウトドア用品店「快速旅団」の事務担当です。ポッドキャストを2006年より配信しています。お手元のポッドキャストアプリで「yuimaru」で検索してください。

HP : https://kaisoku.shop/

X : https://twitter.com/yuimaru

ニュースレター:  https://yuiroku.substack.com/

Tip(投げ銭):  https://ofuse.me/yuimaru

ファンレターをお待ちしております。

OFUSEで応援を送る

Patreon : https://patreon.com/yuimaru

読書記録 | Audibleで「汝、星のごとく」「正体」「正欲」

2023年12月21日から2023年12月26日の期間においてAudibleで読んだ本のひとこと感想とネタバレを書いていく。ネタバレ部分は未読の方は面白みが半減するので読みませんように。

2023年12月21日 汝、星のごとく

著者: 凪良 ゆう
ナレーター: 柚木 尚子, 志村 倫生

www.audible.co.jp

ひとこと感想

本屋大賞を受賞した作品としてAudibleで特集が組まれていたので読んだ。今年、2023年よく読まれた本のランキングにも登場しているので面白いんだろうなと期待しつつ読みはじめた。登場人物は多くないが色々な要素がある作品で飽きさせることはないと感じる。

ネタバレ

ダブル主人公のような章立てで、瀬戸内の島で高校生の時に出会った男女が交互に15年間の物語を語っていく。島の生活の閉塞感を抱える主人公たちには、ネグレクト、ヤングケアラー、両親の不倫、離婚、新興宗教にハマる親、何度も男性に裏切られる母親、仕事上で感じる男女格差、同性愛者の友人の死、そして主人公の病、などなど連続ドラマのように次々と困難な事柄が降りそそぐ。作品紹介にあるように、「切ない」とか「愛に呪われ」とかいう感情は私には湧いてこなかった。とにかく大変だなあ、エライコッチャよ、という事柄がこれでもかとやってくる。手に職を持つのが食いっぱぐれないのだなあと思う。

2023年12月24日 正体

著者: 染井 為人
ナレーター: 渡辺 紘

www.audible.co.jp

ひとこと感想

AudibleのBEST OF 2023で4位とあったのがきっかけで読んだ。1位の「ハヤブサ消防団」は団長(快速旅団店主)がテレビドラマで観ていたのを横で見ていたので結末を知っているので読まなかった。2位「汝、星のごとく」は21日に読み終わった。3位「同志少女よ、敵を撃て」も読了していた。ということで4位の作品を読むことにした。今までは本のランキングにはあまり興味が持てなかったけれど、よりよく読まれているのなら面白いに違いないと気持ちを変えることにした。読了率ランキング、途中で離脱せず、最後まで読み通したという指標があれば参考にしたいと思う。作品の内容は登場人物が多く、時々こんがらがりそうになるが、関わる人が多ければ多いほど、この作品は面白い仕組みになっていると思う。

ネタバレ

コロナのない世界、2020年オリンピックが行われている前提で物語が描かれている。最初の章は最終章へとつながり、間の章は徐々に時間が最終章へと向かっている。結末は私の好みではないし、あとがきにも読者の意見として私と同様の感想を持った人がいることが著者から語られている。あくまでもフィクションなのでよりショッキングな方法を選んだようだ。だが、実際に冤罪でそのまま刑に処されるケースもあるとあとがきにはある。どこに魔が潜んでいるのか分からないと思うと人ごとではないと考えさせられる。殺人の冤罪だけではなく、痴漢冤罪でかなりな社会的制裁を受けた弁護士が奮起するのも応援したい気持ちになる。最初の章と最終章の舞台が我孫子市というのが個人的にはよく知っている場所で手賀沼のぬるい風を感じたりもして、よりストーリに入り込むことが出来た。

2023年12月26日 正欲

著者: 朝井 リョウ
ナレーター: 岡井 カツノリ, 高口 幸子, 三木美, 宮本 淳, 吉野 貴大, 小島 史裕

www.audible.co.jp

ひとこと感想

お友達のおすすめで読んだ。おすすめいただき感謝!「正欲」はAudibleのBEST OF 2023で5位の作品だ。AudibleのBEST OF 2023は、2022年11月19日から2023年11月18日までの視聴データをもとに作成しているとのことだ。え、ここで終わっちゃうの?という感想を持った。

ネタバレ

タイトル「正欲」をみて最初イメージしたのは性癖(性質の偏り、癖)の話かと思った。作品を読んでいくと性的指向の話ではなく、どちらかというと性的嗜好に近い話であると分かる。ちなみに性癖の意味には本来、性的な意味が含まれていないのに、近年は性的嗜好ととられる場合があるので厄介だ。だからタイトルは「正欲」としているのかもしれない。「水」に性的興奮を覚える男女4人はどうなったのか結論が最後まで描かれていない。できれば描き切って欲しかった。続編を著者は考えているのかいないのか、情報を持っている人は知らせてほしいと思う。

ここまで書いて検索をしたら2023年11月に映画化されていた作品だと知った。ラストはどのように描かれているのだろうか。

youtu.be

 

 

書いた人: ゆいまる

旅人ライダーさんのアウトドア用品店「快速旅団」の事務担当です。ポッドキャストを2006年より配信しています。お手元のポッドキャストアプリで「yuimaru」で検索してください。

HP : https://kaisoku.shop/

X : https://twitter.com/yuimaru

ニュースレター:  https://yuiroku.substack.com/

Tip(投げ銭):  https://ofuse.me/yuimaru

ファンレターをお待ちしております。

OFUSEで応援を送る

Patreon : https://patreon.com/yuimaru